読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告メールには「未承諾広告※」というサブジェクトを入れることが必須だった

NTTドコモの迷惑メール対策が一部終了、「未承諾広告※」がほぼゼロに -INTERNET Watch

迷惑メールの1つとして、ユーザーにとっては不要な広告メールが氾濫していたことを受け、2002年、迷惑メールを規制する法律が施行され、そうした広告メールには「未承諾広告※」というサブジェクトを入れることが必須となった。違反すると罰金などが課せられていたが、その後、2008年には迷惑メールを規制する法律の改正で、広告・宣伝のメールはユーザーの事前同意が必要となった。このため「未承諾広告※」を用いるメールが減少し、現在はほとんどなくなった。