マスキングした情報が一定の操作により閲覧し得る状態となっておりました

 日本の頭脳である財務省官僚が、またもや大失態をしでかした。

 財務省は23日、約4000ページにのぼる森友学園との交渉記録や改ざん前の決裁文書をホームページで公開した。ところが、約3時間後の同日夕にすべて削除。24日未明にあらためて公表した。その理由は、資料の一部について「マスキングした情報が一定の操作により閲覧し得る状態となっておりました」からだという。

ソ-ス:森友4000枚文書黒塗り剥がすと、稲田元防衛相の夫や二階幹事長の名前 財務省痛恨のミス  (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

f:id:nonbei:20180530103751p:plain

f:id:nonbei:20180530103810p:plain

「こういったミスを避けるため、紙に印刷をしてからスキャンするなどの対策をするものなのですが……」、いやいやそのためにAcrobatとかに「非表示情報を消去」する機能がある。