読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Firefox48のe10sを強制的に有効化

firefox
// 機能停止
user_pref("keyword.enabled", false); // ロケーションバーによる検索の停止
user_pref("loop.enabled", false); // Helloを全く使う予定が無い (Fx49で機能停止)
user_pref("reader.parse-on-load.enabled", false); // リーダーモードを無効

// セキュリティ
user_pref("browser.urlbar.trimURLs", false); // 「http://」を表示
user_pref("geo.enabled", false); //位置情報通知機能を無効

// 操作
user_pref("browser.tabs.closeWindowWithLastTab", false); // 最後のタブを閉じたときに終了しない
user_pref("view_source.tab", false); // ソ-スをwindow表示
user_pref("browser.backspace_action", 2); // [Backspace]キーで「戻る機能」を廃止した

// e10sを強制的に有効化
user_pref("browser.tabs.remote.force-enable", true);
user_pref("extensions.e10sBlocksEnabling", false);
user_pref("extensions.e10sBlockedByAddons", false);


about:support
f:id:nonbei:20160802062618p:plain


その後、広告が目障りなのでAdBlockPusをインスト-ル

extensions.e10sBlockedByAddons が true に変わった。


再起動(user.jsは変更してない。)

e10sは有効で動いている。(ABPがe10sに対応しているからか?)

Rockridge Electrolysis マルチプロセス機能(e10s)有効時でも無効にならない旧来型拡張機能については、システムアドオンでリストをコントロールしていく。最初の実験にはGreasemonkeyやVideo Download Helper、Adblock Plusなどが選ばれている。
はてなブックマーク - Rockridge のブックマーク - 2016年8月1日


バージョン 48.0 — 2016/08/02 リリース