読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Firefoxの更新版(バージョン43.0.4)

Mozilla Foundationは、Webブラウザ「Firefox 43」で予定通りに1月1日からSHA-1を使って署名された新規の証明書のサポートを中止したところ、一部のユーザーがHTTPSのWebサイトにアクセスできなくなったことを明らかにした。

 このため1月6日にFirefoxの更新版(バージョン43.0.4)を公開してSHA-1証明書のサポートを復活させ、ユーザーへの影響などについて調査を進めている。

 Mozillaではこの問題について、一部のセキュリティスキャナやウイルス対策製品といった「中間者デバイス」に原因があると説明。ユーザーがHTTPSサイトにアクセスしようとすると、こうした中間者デバイスからFirefoxに対して、本物の証明書の代わりに新規のSHA-1証明書が送られるため、アクセスが妨げられるという。


ソ-ス:
FirefoxSHA-1廃止で一部ユーザーに障害、サポート復活 - ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1601/08/news069.html



関連:
・「SHA-1の廃止前倒しを」 専門家チームが提言 - ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1510/09/news054.html