読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古いPCの処分するとき

2003年10月に改正施行された、通称「パソコンリサイクル法」により、家庭用PCの回収と再資源化(リサイクル)がPCメーカーに義務付けられた。これによって、PCを粗大ゴミや不燃ゴミとして処分することができなくなり、きちんと再資源化できる方法で処分しなくてはならなくなった。なお、ここでいうPCとは、デスクトップPC、ノートブックPC、ディスプレイ、ディスプレイ一体型PCを指す。


 2003年10月以降に発売されたPCには、「PCリサイクルマーク」が貼られており、このPCリサイクルマークが貼られたPCなら、不要になった際の回収・リサイクルにユーザーが追加費用を負担する必要がなく(PC購入時の代金にリサイクル料金が含まれている)、PCメーカーに連絡して必要な手続きを行なうことで、無料で廃棄できるのだが、PCリサイクルマークが貼られていない古いPCやディスプレイの場合は、回収・リサイクル費用をユーザーが負担することになる。その金額は、ノートPC、デスクトップPC、液晶一体型PC、液晶ディスプレイなら1台につき3,240円、CRTディスプレイ一体型PCやCRTディスプレイなら1台につき4,320円となる。引っ越しや大掃除などで、古いPCやディスプレイなどをまとめて処分しようとすると、結構大きな負担となってしまうのだ。


 また、PCリサイクルマークが貼られたPCであっても、PCメーカー経由で処分する場合は、Webサイトや電話でメーカーに連絡→着払い発送伝票が送られてくる→その発送伝票を利用してPCをメーカーに送付という手順が必要になり、手間と時間がかかる。


ソ-ス:【特集】押し入れに溜まった古いPCや家電、どうやって処分してますか? ~申し込み不要/完全無料で処分できる「おくるだけ」を利用してみた - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/20151201_731099.html


関連:
おくるだけ
http://okurudake.com/