Linux

Windowsで動くLinux、プログラムの互換性は大丈夫か

Windows 10でLinuxのプログラムが改変なしにそのまま動かせるLinux互換環境「Windows Subsystem for Linux(WSL)」。Linuxプログラムに対してWindowsカーネルをあたかもLinuxカーネルのように見せる仕組みだ。その互換性は、WSLがどこまでLinuxカーネルとし…

Windows版Linuxの導入でつまずかない方法

2017年10月17日に一般提供が始まる「Windows 10 Fall Creators Update」は、Windowsの正式な機能としてLinux互換環境「Windows Subsystem for Linux(WSL)」を搭載する。 導入までに必要な操作は、 1.Windows Subsystem for Linux(WSL)を事前に有効化 …

Linuxカーネルの長期サポート(LTS)版のサポート期間が6年間に

・Linux Kernel LTS Releases Will Now Get 6 Years Support

GNU screen のメモ

・GNU screen いろいろまとめ。 - naoyaのはてなダイアリー 関連: ・screen のステータスラインに実行したコマンド名を表示する方法 - masutaroの日記・「ari's diary の 2002年6月14日の記事」 ------------------------------- * ステータスライン せっか…

Debian 9 "stretch" リリ-スされた

・Debian JP Project - Debian JP Project

世界最大160TBの単一メモリ空間「The Machine」

ASCII.jp:世界最大160TBの単一メモリ空間「The Machine」が実証に成功 メモリを中心に据える「メモリ主導型アーキテクチャ」のノード構成。 クラスタ構成の場合、共有メモリプールを中心にプロセッサ(コンピュートノード)が“ぶら下がる”形になる。 関連:…

"Wanna Cry" ransomware

・Ubuntu 17.04 その74 - Wanna CryptorがUbuntuで動作する - kledgeb 関連: 世界各地で発生したランサムウェア WannaCry の感染事案についてまとめてみた - piyolog

Ubuntuが方針を変更

Ubuntu 18.04 LTSにおいて、標準デスクトップUIを独自に開発してきた「Unity」から、従来の「GNOME」環境に戻すと発表しました。同時に、スマートフォンとタブレット、デスクトップで同じものを共有できるOSを搭載する「Ubuntu Phone」の開発からは距離を置…

Ubuntuがフリーズした

再起動させる Alt+PrintScreen を押しながら R -> S -> E -> I -> U -> B 参考: ・UbuntuTips/Others/MagicSysRq - Ubuntu Japanese Wiki ・SysRqキー このキーに関しては、マイクロソフト自身が「意味がわかりにくい」と表現しているほどだ。同社のWindows…

Plan 9はまぶしく輝いて見えていた(思い出)

・Linuxに勝てなかったPlan 9 - @IT「新しいことは上位レイヤで実現すればいい」

「Fedora 25」 正式リリース

Fedora Projectは11月22日(現地時間)、Linuxディストリビューション「Fedora 25」を正式リリースした。「Fedora 25」では、カーネルにLinux 4.8.1が採用されているほか、X11に代わりWaylandがデフォルトのディスプレイシステムとなっていることが大きな特…

ハードディスクを完全消去する「DBAN」

ハードディスクを完全消去する「DBAN」のインストールと使い方 | OSDN Magazine

Linux メモ (Linuxデスクトップをセキュアにする10の方法)

Linuxデスクトップをセキュアにする10の方法 http://japan.zdnet.com/article/20375413/ #1:スクリーンロックとログアウトは重要である 多くの人々は、Linuxデスクトップがマルチユーザー環境であるということを忘れている。マルチユーザー環境ということ…

OS別ユーザー権限の違い

基本的には2種類しかないLinuxのユーザー Linuxでは、ユーザーは2種類しかありません。システムのすべてをコントロールできるrootというユーザーと、それ以外の一般ユーザーです。一般ユーザーはすべて平等で、権限に差はありません。 権限という観点から見…